安全にガーデニングをするためにも蜂の退治をプロに依頼しよう。

庭木に蜂の巣が!!~駆除のプロに任せるのがベスト~

早めの蜂退治でトラブルを防ぐ~蜂の種類と危険性について~

危険な生物として知られている蜂ですが、種類によって巣の形や攻撃性などは異なります。トラブルを防ぐためにも早めに蜂を退治する必要がありますが、まずはどんな種類の蜂がいるのか学んでいきましょう。

蜂の種類

アシナガバチ
アシナガバチは比較的大人しい性格で、巣に近づいたくらいで襲われることはほとんどありません。アシナガバチは害虫を食べてくれるので、ガーデニングをしている人にとっては益虫と言えます。見た目はスズメバチに似ていますが、アシナガバチは後脚を垂らしてフワフワ飛ぶのが特徴です。
ミツバチ
養蜂などでもよく知られているミツバチは、人を襲うことはほとんどありません。そのまま放置しておいても問題ないですが、もし人の通り道やガーデニングのスペースに巣がある場合は刺される危険があるので、早めに退治する必要があります。
スズメバチ
スズメバチは非常に凶暴で攻撃性の高い危険な蜂です。巣に近づいただけで刺されてしまうこともあり、特に活動が活発になる7~8月は要注意です。体長は30mmを超え、日本では大きな蜂の一つです。

巣の形

種類によって蜂の巣の形は異なるの?
はい、異なります。一番危険なのは、スズメバチの巣です。もしスズメバチの巣を見かけたら、刺されてしまう前にすぐにその場から離れてください。スズメバチの巣はボール状でマーブル柄なのが特徴です。巣の出入り口は一つしかなく、見張りの蜂がいます。放置しておくとサッカーボールよりも大きくなることがあります。大人しいアシナガバチの巣は、お椀を逆さまにしたような形をしています。スズメバチのように外皮はなく、むき出しです。ミツバチの巣もアシナガバチと同様むき出しで、巣盤の層が並列に重なった状態で並んでいるのが特徴です。

蜂の種類を見分けることができれば、危険な蜂かどうか判断できます。庭にできた蜂の巣がスズメバチの巣だった場合には、すぐに業者に退治してもらいましょう。

ガーデニング中に蜂の巣を発見したら

案内する女性

もしも蜂の巣を発見した場合は、安全のためにも業者に蜂を退治してもらうのが良いでしょう。蜂の中には毒を持った種類もいて、刺されると命を落としてしまう危険があります。ここでは、業者に駆除を依頼した人の声をご紹介します。

蜂の退治を業者に依頼した人

プロだから安心して任せられる(30代/女性)

前に役所に連絡したら、アシナガバチやミツバチは駆除の対象外だと言われたので、今回は専門の駆除業者に依頼しました。蜂の種類に関わらずちゃんと駆除してくれました。役所が閉まってしまう時間帯でも、業者は年中無休で相談にのってくれますし、何より専門的な技術で蜂を退治してくれるので安心です。

蜂の駆除を依頼するなら専門の知識と技術を持った人にやってもらいたいですよね。蜂駆除の専門業者なら経験豊富なので確実に蜂を退治してくれますよ。

TOPボタン